演劇
アーカイブのみ

萩尾望都原作「訪問者」2000年公演

萩尾望都原作「訪問者」2000年公演
萩尾望都原作「訪問者」2000年公演
萩尾望都原作「訪問者」2000年公演
萩尾望都原作「訪問者」2000年公演
演劇
アーカイブのみ

萩尾望都原作「訪問者」2000年公演

オスカー・ライザーの出生にまつわる秘密。
それが父母の愛に破局を招き、
思いがけない悲劇を呼び寄せた。
突然に母をなくした幼いオスカーと父グスタフの
あてどない放浪の旅が始まる。

視聴方法

(要予約)早稲田大学演劇博物館
無償

演劇博物館別館6号館3階「AVブース」にて視聴可能です。
事前予約フォームより予約の上、ご来館ください。

デジタルアーカイブデータ

利用方法/利用条件について
権利処理状況
アーカイブのみ

作品情報

上演情報
2000/12/13(Wed)~2001/1/6(Sat)シアターサンモール(東京都)
出演者・
スタッフ
グスタフ・ライザー
甲斐 政彦
オスカー・ライザー
岩﨑 大
ヘラ
石飛 幸治
ルドルフ・ミュラー
笠原 浩夫
シュティフター 理事長
藤原 啓児
シュティフター夫人
佐野 考治
ニーナ
深山 洋貴
シュテファン
及川 健
校長
青山 治
教頭
前田 倫良
理事長
楢原 秀佳
バッハマン
河内 喜一朗
ユリスモール
山﨑 康一
原作
萩尾 望都
脚本・演出
倉田 淳
美術
松野 潤
照明
森田 三郎
音響
竹下 亮
舞台監督
倉本 徹
ヘアメイク
角田 和子

上演団体情報

劇団スタジオライフ

団体詳細・作品一覧を見る

1985年に故・河内喜一朗と倉田淳により結成。
2014年河内喜一朗の没後より藤原啓児が劇団代表となる。2020年1月に劇団創立35周年を迎えた。

スタジオライフの特徴は、演出家 倉田淳の独創的な脚色力と美しい世界観から織り成す繊細な舞台である。
1987年から、より深く観客を物語世界へ誘うため、男優が女性役をも演じるという手法をとっている。 これにより演劇の虚構性がより強調され、30代~50代の女性を中心に圧倒的な指示を得てきた。現在の劇団構成は、男優35名と女性演出家1名。
1996年2月の『トーマの心臓』(原作 萩尾望都)初舞台化の成功を機に、萩尾望都作品や『ヴェニスに死す』(原作トーマス・マン)、『死の泉』(原作  皆川博子)等の文芸耽美作品を始めとし、人の心の機微を深く追求する作品を精力的に上演している。

2003年3月にはアートスフィア公演(11東京オピニオンフェスティバル)において、劇団の代表作である『トーマの心臓』(原作 萩尾望都)を上演し、初の四年公演を達成。
創立20周年の2005年には、直木賞作家・東野圭吾の『白夜光』を2部構成で初舞台化。2006年には、長年の念願だったシェイクスピア作品『夏の夜の夢』の上演を機に新しいシェイクスピアを展開。
以後の楽曲を使ったわかりやすいシェイクスピア作品を目指した音楽劇『十二夜』、『じゃじゃ馬ならし』を上演し劇団のレパートリーとなる。
また舞台化は難しいとされていた萩尾望都原作『マージナル』、手塚治虫原作『アドルフに告ぐ』、三原順原作『はみだしっ子』などを舞台化。

2011年には、『PHANTOM THE UNTOLD STORY~語られざりし物語~』(原作 スーザン・ケイ)で英国人デザイナーのマット・キンリー氏を美術プランに迎え新境地を開拓、また初の海外公演 となった『夏の夜の夢』『十二夜』2作品連続上演(作ウイリアム・シェイクスピア)では日本を代表するイラストレーター宇野亜喜良氏が舞台美術・衣装プランを担い、続く2021年6年の『天守物語』 では同氏のヴィジュアルと共にテーマ曲をBUCK-TICKの今井寿氏が手掛けた。2013年の音楽劇『カリオストロ伯爵夫人』では、「翼をください」「エメラルドの伝説」等の名曲を生み出した作曲家、 村井邦彦氏が参加、新たなるオリジナル作曲を提供した。

また中野区のウエストエンドで「The Other Life」と銘打ち、少人数により秀逸な海外戯曲を上演する小劇場活動も続けている。

劇団スタジオライフの関連作品