演劇

NODA・MAP番外公演

アーカイブのみ

『THE BEE』Japanese Version

『THE BEE』Japanese Version
『THE BEE』Japanese Version
『THE BEE』Japanese Version
『THE BEE』Japanese Version
撮影:谷古宇正彦
『THE BEE』Japanese Version
『THE BEE』Japanese Version
『THE BEE』Japanese Version
『THE BEE』Japanese Version
演劇

NODA・MAP番外公演

アーカイブのみ

『THE BEE』Japanese Version

10秒に一度、何かが起こる……ユーモアと戦慄の75分!!演劇史に燦然と輝く野田秀樹最大の衝撃作!
これまで10カ国14都市で上演、各地で称賛され続けてきた本作は、いつの時代でも繰り返される“報復の連鎖”を、観る者の想像力を刺激しながら描き出す。幕が開いたが最後、ひたすら落ちていくだけのジェットコースターにでも乗っているかのような物語。

<STORY>
家路を急ぐ平凡なサラリーマンの井戸が自宅の前で遭遇したのは警察とマスコミの喧騒だった。脱獄囚の小古呂(おごろ)が井戸の妻子を人質に取り、井戸の家に立てこもっていたのだ。井戸は妻子を救出しようと、どこか頼りない警察とともに行動を起こすが、事態は思わぬ展開へ……。

・・・

『THE BEE』は、2003年に野田秀樹が英国で現地の俳優たちと始めたワークショップから誕生した。奇しくも2003年は、9.11 同時多発テロ事件への報復としてイラク戦争が勃発した年でもあり、野田はワークショップの題材に筒井康隆の短編小説『毟りあい』を選んだ。以降、日本と英国を何度も行き来し、時間をかけてワークショップを積み重ねていく。同時に野田は戯曲を最初からすべて英語で執筆しようと試み、シチュエーションやセリフのニュアンスがどのようにしたら伝わるのか、西洋の文化的な解釈の細かな検証を、キャサリン・ハンターら英国人俳優達や、作家コリン・ティーバ ン(共同脚本)と作業を重ねながら創作していった。かくして誕生した『THE BEE』は 2006年にロンドンのソーホーシアターで初演、絶賛される。当時、日本国内ではすでに演劇人として高い評価を獲得していた野田が英国でゼロから作品を立ち上げ、戯曲を英語で書き、ロンドンで初演した。 この挑戦は観客のみならず、後に続く日本の多くの演劇人に強く衝撃を与えたのだった。
ロンドン初演で高い評価を受けた『THE BEE』は、2007年の東京公演で英語版と日本語版を同時上演。英語版で脱獄犯の妻役を演じた野田は、日本版ではサラリーマン[井戸]を演じ、俳優・ 野田秀樹の存在感をも強く印象付け、その年の演劇賞を数多く受賞。演劇界に一大センセーションを起こした。
2012年の日本語版再演ではキャストを新たに宮沢りえ、池田成志、近藤良平を迎え、英語版と共にワールドツアー&ジャパンツアーを敢行。
本作はその2012年の日本語版上演ものである。

視聴方法

(要予約)早稲田大学演劇博物館
無償

演劇博物館別館6号館3階「AVブース」にて視聴可能です。
事前予約フォームより予約の上、ご来館ください。

デジタルアーカイブデータ

利用方法/利用条件について
収録日
2012/7/4(Wed)
権利処理状況
アーカイブのみ
映像分数
76分

作品情報

上演情報
2012/4/25(Wed)~2012/6/24(Sun)東京舞台芸術活動支援センター(水天宮ピット) 大スタジオ(東京都)
出演者・
スタッフ
小古呂の妻|リポーター
宮沢 りえ
百百山警部|シェフ|リポーター
池田 成志
安直|小古呂|小古呂の息子|リポーター
近藤 良平
井戸
野田 秀樹
原作
筒井 康隆
英語脚本
野田 秀樹
日本語脚本
野田 秀樹
演出
野田 秀樹
美術
堀尾 幸男
照明
小川 幾雄
音響・効果
高都 幸男
映像
奥 秀太郎
舞台監督
谷澤 拓巳
プロデューサー
鈴木 弘之
演出補
高都 幸男
美術助手
秋山 光洋
演出部
久保 勲生
演出部
蕪木 久枝
演出部
三上 洋介
演出部
高原 聡
音響操作
近藤 達史
照明操作
熊崎 こずえ
照明操作
鈴木 寛子
映像操作
高田 美里
映像操作
松澤 延拓
映像操作
本郷 志織
映像操作
高橋 健太
映像操作
桑原 まこ
ヘアメイク(宮沢りえ)
千葉 友子
制作
丹 典子
制作
青木 康子
制作
千葉 文香
大道具制作
石元 俊二((株)俳優座劇場)
小道具
天野 雄太(高津映画装飾(株))
舞台美術監修
瀧原 寿子
衣裳協力
ひびの こづえ
衣裳協力
湯本 真由美(ひびのこづえ事務所)
衣裳協力
秋山 芳江(ひびのこづえ事務所)
衣裳協力
鈴木 綾乃(ひびのこづえ事務所)
衣裳提供
(株)ワコール
協力
(株)HORIO
協力
(株)NEGA
協力
(有)NETON
協力
ROCK STAR
協力
マイド
協力
至福団
舞台写真
谷古宇 正彦
宣伝美術
吉田 ユニ
特別協力
エムツー企画
特別協力
吉住モータース
特別協力
ROCK STAR
特別協力
水天宮ピット
写真
宮原 夢画
写真
岡本 隆史
パンフレット取材
徳永 京子
パンフレットスタイリスト
飯嶋 久美子
パンフレットヘアメイク
宮森 隆行
パンフレットヘアメイク
赤松 絵利(ESPER)
パンフレット美術
森井 耕作(モリイ美術)
パンフレット対談通訳
渡部 潮美
法務アドバイザー
福井 健策(骨董通り法律事務所)
法務アドバイザー
北澤 尚登(骨董通り法律事務所)
東京公演主催
NODA・MAP
東京公演主催
東京芸術劇場
大阪公演主催
NODA・MAP
共催
北九州市
松本公演主催
信濃毎日新聞社
共催
松本市
企画・製作
NODA・MAP
受賞歴など
■第42回紀伊國屋演劇賞(2007年)
団体賞受賞:NODA・MAP(『THE BEE』『キル』)

■第7回朝日舞台芸術賞(2007年)
グランプリ受賞:『THE BEE』日本バージョン・ロンドンバージョン
舞台芸術賞受賞:堀尾幸男(『THE BEE』日本バージョンほか)

■第49回毎日芸術賞(2007年度)
演劇部門受賞:野田秀樹(『THE BEE』日本・ロンドンバージョン)

■第15回読売演劇大賞(2008年)
大賞・最優秀作品賞受賞:『THE BEE』日本バージョン・ロンドンバージョン
最優秀演出家賞受賞:野田秀樹
最優秀男優賞受賞:野田秀樹

上演団体情報

1993年に劇作家・演出家・俳優の野田秀樹によって設立。以降、NODA・MAPは毎回新しいクリエイティブチームと俳優を起用し、大小さまざまは規模の演劇作品をプロデュース・制作を行う。
主な作品に、『キル』『パンドラの鐘』『オイル』『赤鬼』『THE BEE』『ザ・キャラクター』『エッグ』『逆鱗』『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』『贋作 桜の森の満開の下』『フェイクスピア』など、数々の話題作を発表。
野田は歌舞伎やオペラの脚本・演出も手掛けるなど、演劇界を超えた精力的な創作活動を行う。また海外の演劇人とも創作を行い、これまで日本を含む 12カ国18都市で上演。22年9月にはロンドンで『Q』: A Night At The Kabuki を上演し好評を博すなど、国内外問わず意欲的に活動をしている。

NODA・MAPの関連作品